巧緻性を高める

手先の器用さや指先を上手に使う力を伸ばします。

ログアウトはこちら

子どもたちの「手を使いたい!」という気持ちに応える教材が必要です

「巧緻性」とは、手先の器用さや指先を上手に使う力のこと。はさみきり、シールはり、ぬいさしなど、手を使ったさまざまな活動をすることで、巧緻性は伸びていきます。

幼児は巧緻性が最も発達する時期だといわれています。この時期に、手を十分使うことで、指先の動きが洗練されるだけでなく、物事に積極的に取り組む意欲や集中力、根気強さなどが身についていきます。

MONOKOでは、「ICEモンテッソーリこどものいえ」の運営のなかで生まれた手づくり教材をもとに開発・改良を重ね、子どもの好奇心や、「手を使いたい!」という気持ちに応える教材をご用意しています。


35件中 1-20件表示
1 2
35件中 1-20件表示
1 2
発送業務休日
   =発送業務を行なっておりません