はさみきり

こどものサイズにあったはさみが必要

  • はさみきり

子どもの作業レベルにあわせ、最初は簡単なものから始めましょう。

使い方

はさみきりの用紙はレベル別になっています。最初はイラストの間の線がないものを切り、つぎにイラストとイラストの間の線を1回切りで切り落とします。2回切り、連続切り、曲線切り、と徐々にレベルが上がっていき、波線やうずまきなどの曲線を連続して切ったり、複雑な絵柄や対称図形の重ね切りができるようになります。子どもの作業レベルに合わせてお選びください。最初は簡単なものから始めることも大切です。

こんな力を育みます

モンテッソーリ教育では、日常生活の練習として2歳前後からはさみを使います。指を使たはさみの開閉や切る作業で、「指先が調整できる」ようになります。同時に、安全で正しいはさみの扱い方を通して「社会性」も身につけます。

MONOKOのこだわり

  • ユニバーサルデザインの安全設計で、刃先にもカバーが付いているので安心です。
  • 押し切り型なので刃先は平らですが、ステンレス製で薄い紙もよく切れます。
  • 子どもが持ったときに立つように、適度にコシのある切りやすい用紙を選んでいます。
  • 開閉をサポートするスプリングは、不要になったら折りたためば普通のはさみとして使えます。
  • 「ICE幼児教室」の幼児・受験コースやモンテッソーリクラスではこのはさみを使用しています。


並び替え
3件中 1-3件表示
並び替え
3件中 1-3件表示