MONOKO ストーリー

受験準備

受験準備

小学校受験の問題集は「ちょっと簡単」くらいから始める

小学校受験の問題集は「ちょっと簡単」くらいから始める

2019.6.27

小学校受験では、どんな問題集からはじめたらよいのでしょうか? 小学校受験に備えた家庭学習には、子どもの習熟度に合わせた問題集を使った学習が効果的です。今回は問題集の選び方と、受験の時の大人の関わり方についてお話します。

 

好きな問題を解くことで「わかる」楽しさを経験する

 

小学校受験の問題集は、子どものやりたい気持ちを「できた!」という満足感に変えるために、「ちょっと簡単かな?」と感じるくらいの、やさしい問題からはじめることをおすすめします。

 

好きな問題を楽しみながら解くことで、達成感や自信を得ることができて、その後の意欲を育てることができます。すでに解ける問題にも繰り返し取り組むことで、より深く、確実に理解することができるでしょう。

 

ICEの小学校受験問題集に取り組む場合は、まず「小学校受験 年中問題集」から取り組むことをおすすめしています。

 

特に、運筆の確立を目的とした「小学校受験 年中問題集(別冊)」では、正しい姿勢でクレヨンやえんぴつを持ち、運筆ができるかどうかを確認できます。正しい答えがわかっていても、線や丸がうまく描けないことでつまづいてしまうこともあるので、運筆はすべての基礎になるといえるでしょう。

 

そのあと年中問題集(初級)や(上級)で総合問題に取り組み、「小学校受験レベル別問題集」へ挑戦しましょう。習熟度に合わせて、子どもが楽しみながら総合力を伸ばせるように、「言語」「数量」「模写」「推理」「常識」「図形」の分野に分け、それぞれ「初級編」「中級編」「上級編」のレベル別に構成されています。

 

初級は、小学校受験に関する基本的な問題、中級編は標準的な受験レベル、上級編は難関校受験レベルです。さらに各分野の理解を深めるために、分野別問題集に進みます。子どもの得意な分野は先に進めてもよいですし、苦手な分野はひとつ前のレベルに戻ってみて、どこでつまづいたのか確認することも大切です。

 

小学校受験の問題集は、子どもの習熟度に合わせて「この子には少し簡単かな?」と感じるレベルからスタートして「わかる」楽しさをたくさん経験させてあげましょう。

 

 
 

子どもの「本質をとらえる力」を信じる

 

小学校受験は、大人にとって、あらためて子育てについて考える絶好の機会です。志望校の合格は、必ずしもゴールではありません。

 

実際の試験で求められる、観察力や思考力、判断力、社会性などは、子どもがやがて成長して、大人として社会を生きていく上でも必要な力です。大切なのは受験の先に役立つ、ものの見方や考え方を身に付けることです。

 

小学生受験を目指す家庭でよく見られるのが、大人のほうが熱くなってしまうケースです。

問題集に取り組んでいて、子どもの苦手な分野や、解けない問題が出てくると、焦りや不安から「わからせたい」「教えたい」「覚えさせたい」という気持ちが前に出てしまい、子どもの意欲を削いでしまうこともあります。

 

子どもは、さまざまな課題の中から自分で考え、発見して、自分で物事の本質をとらえる力を必ず持っています。そのためには大人のサポートも欠かせませんが、ときには子どもの秘めた力を信じて、見守ることも重要です。

 

 

  • 子どもの持つ「自分で発見して、本質をとらえる力」を信じて、ときには見守ることも重要。
  • 少しやさしいものを選ぶことで、子どもに自信がつき、理解を深めることができる。
  • 小学校受験の問題集選びは年齢や志望校ではなく、習熟度で選ぶことが大切。
0

おすすめ記事

スプーンやおもちゃを落としたり、<br>投げたりするので困っています。

子育ての悩み

子育ての悩み

スプーンやおもちゃを落としたり、
投げたりするので困っています。

子どもがスプーンやおもちゃを手当たり次第に床に落としたり、放り投げたりすることがあります。大人は「いたずらばかりで困る」と思うかもしれませんが、これはいたずらではなく、子どもの手や指の発達を助け、動きを獲得するために必要なことなのです。

READ MORE

叱るよりも「伝える」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

叱るよりも「伝える」

子どもをどう叱るか、というのは難しい問題です。「叱る」には、よりよい方向に導くという意味がありますが、親の都合で感情的に子どもを「叱る」のではなく単に「怒って」しまい、後悔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの叱り方について一緒に考えてみましょう。

READ MORE

必要なときだけ「手伝う」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

必要なときだけ「手伝う」

子どもが2歳くらいになると、まだ自分でできないことでも「自分で!」「する!」と主張し始めます。これは、自分のことが自分できる=自立への大切な第一歩です。大人はできるだけ手を出さずに見守り、困っているときだけ手伝うというスタンスで、子どもの気持ちに寄り添えるといいですね。

READ MORE

ICE EDUCATION SERVICE

アイ・シー・イー幼児教室

伸びる子に育てる幼児教室

詳しくはこちら

ICEモンテッソーリこどものいえ

生きる力を育む全日制幼児園

詳しくはこちら

SHOPPING GUIDE

お買いものガイド

注文とお支払い方法

ご注文は24時間受け付け。お支払いは、各種クレジット、銀行振込、郵便振替、代引き引換(ヤマト運輸)をご利用いただけます。

詳しくはこちら

配送と送料について

配送方法と送料についてご案内しています。

詳しくはこちら

交換・返品について

商品が届きましたらすぐに開封していただき、商品の間違いや不良等がないかをご確認ください。

詳しくはこちら

法人のお客さま

法人の方も「MONOKO」公式オンラインショップより簡単にご注文いただけます。

詳しくはこちら