MONOKO ストーリー

受験準備

受験準備

幼児期の「ぬりえ」が子どもの世界を広げる

幼児期の「ぬりえ」が子どもの世界を広げる

2019.2.12

近年、大人の自律神経を整える方法としても注目を集めている「ぬりえ」。幼稚園受験や小学校受験でもよく出題されます。子どもにとってぬりえは運筆の練習になりますし、ものの色や形を識別する力も育みます。「ぬりえ」を通じて、子どもの世界を広げるために、大人はどんなことを心がければよいのでしょうか。
 
MONOKOの「おやこのぬりえ」はこちら→
 

 

指先を使い、絵や字を書く力につながる

子どもにぬりえを与えるとき、大人は見守っているだけのことが多いのですが、できれば子どもの隣に座って、相談しながら同じモチーフのぬりえを一緒に塗るのがよいですね。
 
大人がクレヨンの持ち方や塗り方を見せてあげることで、子どもが「大人のしていることを見て待つ」「お手本の通りにする」ことを学ぶことができます。
 
最初は、枠からはみ出して塗ることがほとんどかもしれません。でも繰り返し塗ることで、目と手の動きにつながりができ、いつしか枠に沿って色を塗れるようになります。これを「目と手の協応」といいます。
 
クレヨンや色鉛筆を思い通りに動かすことで、指先の動きが洗練されて、絵を描く力、字を書く力につながっていきます。また、色の名前も覚えることができます。

 

 

親子で会話を楽しむことで世界が広がる

子どもがぬりえをするときは、親子の会話がとても大切です。
「このあいだ動物園で見た、ぞうさんだね」
「りんごは何色だったかな?」
「バナナは〇〇ちゃんが大好きだよね」
など、絵柄を通じて親子でコミュニケーションをすることで、単に色を塗るだけではなく、子どもがいろいろなものに関心を持つようになり、世界が広がっていくのです。
 
このとき、つい「はみ出さないように塗ろうね」などと口を出したくなってしまいますが、子どもは、大人に言われたからといって上手に塗れるわけではありません。何度もくり返すうちに少しずつ、枠の中に塗れるようになっていくので見守ってあげましょう。
 
りんごやきゅうりなど、絵柄が身近なもののときは、実物を持ってきて、どんな色をしているのか観察しながら塗るのも楽しいでしょう。図鑑を調べながら塗るのもおすすめです。
 
電車に興味のある子は1日中電車遊びばかり、というふうに、幼児期の子どもは、同じ遊びばかりしがちです。親子でコミュニケーションをとりながら同じ時間を楽しむことで、子どもの興味の対象を広げていけるとよいですね。

 

    • 大人が隣に座って、クレヨンの持ち方や塗り方のお手本を見せる。
    • 枠の中を塗るのは子どもにとって難しいもの。最初のうちは、はみ出してもOK。
    • 親子で会話したり、実物と比べるなど、コミュニケーションを楽しみながら塗る。

 

 

 

6+

おすすめ記事

スプーンやおもちゃを落としたり、<br>投げたりするので困っています。

子育ての悩み

子育ての悩み

スプーンやおもちゃを落としたり、
投げたりするので困っています。

子どもがスプーンやおもちゃを手当たり次第に床に落としたり、放り投げたりすることがあります。大人は「いたずらばかりで困る」と思うかもしれませんが、これはいたずらではなく、子どもの手や指の発達を助け、動きを獲得するために必要なことなのです。

READ MORE

叱るよりも「伝える」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

叱るよりも「伝える」

子どもをどう叱るか、というのは難しい問題です。「叱る」には、よりよい方向に導くという意味がありますが、親の都合で感情的に子どもを「叱る」のではなく単に「怒って」しまい、後悔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの叱り方について一緒に考えてみましょう。

READ MORE

必要なときだけ「手伝う」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

必要なときだけ「手伝う」

子どもが2歳くらいになると、まだ自分でできないことでも「自分で!」「する!」と主張し始めます。これは、自分のことが自分できる=自立への大切な第一歩です。大人はできるだけ手を出さずに見守り、困っているときだけ手伝うというスタンスで、子どもの気持ちに寄り添えるといいですね。

READ MORE

ICE EDUCATION SERVICE

アイ・シー・イー幼児教室

伸びる子に育てる幼児教室

詳しくはこちら

ICEモンテッソーリこどものいえ

生きる力を育む全日制幼児園

詳しくはこちら

SHOPPING GUIDE

お買いものガイド

注文とお支払い方法

ご注文は24時間受け付け。お支払いは、各種クレジット、銀行振込、郵便振替、代引き引換(ヤマト運輸)をご利用いただけます。

詳しくはこちら

配送と送料について

配送方法と送料についてご案内しています。

詳しくはこちら

交換・返品について

商品が届きましたらすぐに開封していただき、商品の間違いや不良等がないかをご確認ください。

詳しくはこちら

法人のお客さま

法人の方も「MONOKO」公式オンラインショップより簡単にご注文いただけます。

詳しくはこちら