MONOKO ストーリー

MONOKOのこだわり

MONOKOのこだわり

品質の高さでロングヒット!「つなぎセット」誕生秘話

品質の高さでロングヒット!「つなぎセット」誕生秘話

2019.11.28

お子さまの成長過程において重要な「手の動きを育てる」道具として、2006年に発売された「つなぎセット」。発売以来その制作に携わるサンフェルト株式会社さんに誕生秘話とモノづくりのこだわりについてお話をうかがいました。

 


 
 

「つなぎセット」には幼児教室運営のノウハウがつまっています

 

今回お話をうかがったのは、サンフェルト株式会社の荒川正明さんと津島裕隆さん。サンフェルトさんはフェルト手芸キットやインテリアグッズなどを製造・販売する日本でNO.1のフェルトメーカーです。

 

-まずはじめに、「つなぎセット」の誕生までの経緯を教えていただけますか?

 

サンフェルトさん(以下、S):「つなぎセット」はアイ・シー・イー幼児教室の保育現場の先生が手作りしていた教材でした。依頼をいただいたときには「カメ」「いぬ」「さかな」のデザイン、糸やボタンの色、スナップやボタンのサイズなど詳細は決まっていましたので、私たちは指示書をもとに商品化をはじめました。

 

-指示書のなかで「現場の教師の声」が強く反映されていると感じたのはどの部分ですか?

 

S:「さかな」の力(ちから)ボタンですね。「さかな」は2枚のフェルトを縫い合わせて作っています。通常ですとボタンを留めるフェルトの裏側に8㎜~10㎜程度の大きさのフェルトを一緒に縫い込んで補強する力布(ちからぬの)を使うのですが「裏側はボタンで補強してください」と指示がありました。子どもは力が弱いので力ボタンの方が引っ張りやすくなるんです。

 

 

-指示書のほかに、サンフェルトさんが工夫をしてくださった点があるとうかがっています。

 

S:はい。何度も繰り返しボタンを入れたりはずしたりしますから、ボタンホールには強度が必要です。まずボタンホールの枠の部分に刺しゅうをした後で、穴の部分をカットします。穴をカットしてから穴のフチに刺しゅうをするより強度が上がり、何度引っ張っても穴の開きが大きくならないようになります。

 

-細かな工夫をしているんですね。

 
 

素材の「安全性」と見た目の「かわいさ」へのこだわり

 

-使用している素材の安全性について教えてください。

 

S:「つなぎセット」に使用しているフェルトは可燃性検査(燃えやすい素材が使われていないか)、化学的特性の検査(有害な物質が含まれていないか)などの玩具安全基準(ST基準)をクリアした製品のみを使用しています。フェルトの製造から刺しゅうまで、「メイド イン ジャパン」で徹底した品質管理を行っています。

 

-市販の低価格のフェルトはプラスチックやウールが多いようです。子どもに与えることを考えるとプラスチックやウールは避けた方が良いですか?

 

S:プラスチックは燃えやすいですし、ウールは色落ちすることもあるので、何でも口に入れてしまう年齢のお子さんに渡す場合は注意が必要です。

 

-「つなぎセット」に使っているフェルトは、とても手触りが良いですね。形も均一ですし…。

 

 

S: 国産の最高級品質のポリエステルを使用しているので、平面がとても滑らかなんです。

品質の高いポリエステルだから、型で抜いた時、形がきれいに抜けます。他のポリエステル製品だと型で抜いた時、繊維が切れて「ひげ」と呼ばれる糸を引いてしまいますが、その「ひげ」を出すことなく、きれいにパコンとはずれるんです。

 
 

 

-「つなぎセット」はデザインのかわいらしさも好評です。「いぬ」の表情、「かめ」の甲羅を手刺しゅうで再現するのは難しそうですね。
 
S:細い機械刺しゅう用の糸で強度を考慮した刺しゅうを施しています。お子さまが手に取りたくなるようなかわいい表情は、機械刺しゅうだからこそできるんですよ。

 

S:実は、この刺しゅうの糸も安全基準があるんです。
 
-えっ? 糸もですか?!
 
S:「つなぎセット」には、ベビー商品の安全基準を満たした糸を使っています。
 

 

-ベビー商品の安全基準について詳しく教えてください。
 
S:ノンホルマリンであること。空気中にもホルマリンは含まれているのでゼロというわけにはいきませんが、製造の段階ではホルマリンの含有量0.05以下、堅牢度3級以上という規定があり、「つなぎセット」で使用している糸はその基準をクリアしています。
 
-最後にサンフェルトさんの「モノづくり」のこだわりを教えてください!
 
S:すべてにおいて手間を惜しまないことでしょうか? 「つなぎセット」も発売当初のご担当者と一緒に何度も試作を重ねながら、お子さまにとって安全で手に取っていただきたくなる商品づくりをしてきました。国内に工場を持っていることで品質管理は徹底していますし、製造過程もそのほとんどが手作業でおこなっています。今後もその姿勢は変えず、高品質な製品づくりをしていきたいと思っています。
 

「つなぎセット」は、数年使っても伸びたりせず強度はそのまま。毛玉などもつきにくく、質感も変わりません。サンフェルトさんのモノづくりのこだわりが、ロングヒットへとつながっています。MONOKOでは「つなぎセット」が、今後もたくさんの子どもたちに愛され続ける商品になることを願っています。
 
 

 

●この方にお話をうかがいました。
サンフェルト株式会社の荒川正明さん(左)と津島裕隆さん(右)。
 
サンフェルト株式会社 ホームページ
http://www.sunfelt.co.jp/

1+

おすすめ記事

スプーンやおもちゃを落としたり、<br>投げたりするので困っています。

子育ての悩み

子育ての悩み

スプーンやおもちゃを落としたり、
投げたりするので困っています。

子どもがスプーンやおもちゃを手当たり次第に床に落としたり、放り投げたりすることがあります。大人は「いたずらばかりで困る」と思うかもしれませんが、これはいたずらではなく、子どもの手や指の発達を助け、動きを獲得するために必要なことなのです。

READ MORE

叱るよりも「伝える」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

叱るよりも「伝える」

子どもをどう叱るか、というのは難しい問題です。「叱る」には、よりよい方向に導くという意味がありますが、親の都合で感情的に子どもを「叱る」のではなく単に「怒って」しまい、後悔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの叱り方について一緒に考えてみましょう。

READ MORE

必要なときだけ「手伝う」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

必要なときだけ「手伝う」

子どもが2歳くらいになると、まだ自分でできないことでも「自分で!」「する!」と主張し始めます。これは、自分のことが自分できる=自立への大切な第一歩です。大人はできるだけ手を出さずに見守り、困っているときだけ手伝うというスタンスで、子どもの気持ちに寄り添えるといいですね。

READ MORE

ICE EDUCATION SERVICE

アイ・シー・イー幼児教室

伸びる子に育てる幼児教室

詳しくはこちら

ICEモンテッソーリこどものいえ

生きる力を育む全日制幼児園

詳しくはこちら

SHOPPING GUIDE

お買いものガイド

注文とお支払い方法

ご注文は24時間受け付け。お支払いは、各種クレジット、銀行振込、郵便振替、代引き引換(ヤマト運輸)をご利用いただけます。

詳しくはこちら

配送と送料について

配送方法と送料についてご案内しています。

詳しくはこちら

交換・返品について

商品が届きましたらすぐに開封していただき、商品の間違いや不良等がないかをご確認ください。

詳しくはこちら

法人のお客さま

法人の方も「MONOKO」公式オンラインショップより簡単にご注文いただけます。

詳しくはこちら