Z会グループ公式サイト

MONOKO ストーリー

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

どんなお弁当が「よいお弁当」ですか?

どんなお弁当が「よいお弁当」ですか?

2020.1.27

お子さまが保育園や幼稚園に通うときに、お弁当作りがスタートするおうちのかたもいらっしゃるかもしれません。1歳半から3歳くらいの子どもが自分でお弁当を食べるためには、どんなお弁当が理想的なのでしょうか。毎日子ども達のお弁当を見ているモンテッソーリ教師に取材しました。
 
 

 
 

子ども達にとってお弁当はとても楽しい時間です。

初めてのお弁当は、子どもの好きなものを中心に残さず食べられるもので作ってあげてください。新しい環境や自分で食べるお弁当に慣れてから、いろいろな食材を増やしましょう。いままで食べられなかった食材でも、形や調理方法が変わると食べられることもあります。また彩りは綺麗なほうが食欲がわきます。食材の色だけでは難しいときは、カラフルなシリコンカップやバランなど小物も活用してみてください。なるべく懲り過ぎないほうが、食べることに集中できます。

 

一番大切なことは子どもが完食できること。おうちで練習してみよう。

食べる量が少ない子どものお弁当は、指が入るくらいのすき間があっても大丈夫です。全部食べられることを目標に作りましょう。途中で遊ばずに食べられる量やお弁当が冷めた状態を確認するために、入園前におうちでお弁当を食べてみるのがおすすめです。実際にお弁当袋に入れて、最初から最後までなるべく手を貸さないで見ていると、いろいろ気づくことがあります。保育園や幼稚園では、みんなでそろって食べるお弁当ですから、お支度から食べ終わるまで30分くらいでできる量が理想です。
 
 

食べやすい形は「その子のひとくち」サイズ。

まだフォークやスプーンが上手に使えない年齢の場合、形状は「ボール型」「スティック型」にすると食べやすくなります。大きさは「ひとくちで食べられる大きさ」にすると、フォークから残りが落ちてしまうことが減ります。おにぎりをのりで巻いたり、パンでおかずをロールしたりすると、登園の時に動かしても崩れにくくなります。なまものや水分が出るものは、お弁当が痛みやすくなるのでできるだけ避けましょう。

 
 

お弁当箱は280~350mlくらいの容量で、ひとりで開け閉めできるものに。

お弁当箱は、軽くて、色移りしにくく匂いも残りにくいアルミニウム製が衛生的な観点からおすすめです。また小さな手でも開け閉めできるよう、ロック式ではないふたが理想的です。
保育園や幼稚園では、大勢の子どものお弁当を短時間で一度に配膳しますので、取り違えを防ぐために、名前はふたと身のひとめでわかる場所につけましょう。ベルトやカトラリーなども間違いを防ぐために、名前が消えていないか定期的に確認します。お弁当に限らず、持ち物すべてにおなじ刺繍やアップリケをつけてあげると、子ども自身で自分のものが分かりやすくなります。

 
 

  • それぞれの園によってルールがあります。まずはそちらをしっかり確認してください。
  • 残さず食べきれるのがよいお弁当。お支度から食べ終わるまで30分くらいでできる量に。
  • 子どもがひとくちで食べられる大きさや形に。
  • 名前は見やすいところに大きく。
+3

おすすめ記事

「伸びる力を育てる」プレゼントをクリスマスに贈る

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

「伸びる力を育てる」プレゼントをクリスマスに贈る

クリスマスやお誕生日のプレゼント。スポンジのようになんでも吸収できる年齢の子どもこそ「伸びる力を育てる」贈り物をしませんか? 1~4歳の子どもの力を伸ばすプレゼント選びのポイントをご紹介します。

READ MORE

「自分でしたい!」は自立の第一歩

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

「自分でしたい!」は自立の第一歩

「母子分離」とは、親と子どもが親以外の人と過ごすことをいいます。幼稚園受験では、親と離れて別室で行動観察や質疑応答が行われることもあります。スムーズに母子分離するためには、大人はどんなことに気を付ければいいのでしょうか。

READ MORE

ひとつのおもちゃにすぐに飽きて、次から次へと散らかします

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

ひとつのおもちゃにすぐに飽きて、次から次へと散らかします

子どもは、さっきまで遊んでいたおもちゃを放り出して、すぐにまた別のおもちゃで遊び始めることも多いものです。親としては「また散らかして……」と、ため息をつきたくなるかもしれませんが、次から次へとあふれ出す、子どもの好奇心から起こる行動なのです。

READ MORE