MONOKO ストーリー

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

必要なときだけ「手伝う」

必要なときだけ「手伝う」

2018.11.4

子どもが2歳くらいになると、まだ自分でできないことでも「自分で!」「する!」と主張し始めます。これは、自分のことが自分でできる=自立への大切な第一歩です。大人はなるべく手を出さずに見守り、困っているときだけ手伝うというスタンスで、子どもの気持ちに寄り添えるといいですね。

 

ひとりでできるように手伝うのが基本

子どもが自分で靴を履こうとして、なかなかうまく履けずにいると、大人が横からサッと履かせることがあります。すると子どもは泣き出したり、かんしゃくを起こしたり、怒って履かされた靴をまた脱いだりして、大人はなだめるのに一苦労……。出かける前に疲れてしまった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

大人からすれば

「どうせまだできないから」

「大人がやってあげたほうが早いから」

「とにかく急いでいたから」

さまざまな理由があるかもしれません。

 

子どもにしてみれば、自分でやりたいのにできない。でも、大人に勝手に手を出されると自尊心が傷つくこともあります。泣いたり、怒ったりするのは「やりたかったのに!」という気持ちを現わしているのかもしれないのです。

 

 

 

 

 

「手伝ってもいい?」子どものやりたい気持ちを尊重

家庭でも、子どもが自分で何かをやりたがるときには、それが危険なことでない限り、できるだけ大人は手を出さずにやらせてあげるといいですね。うまくできなくて困っているときだけ「お手伝いしてもいい?」と聞いてみましょう。

 

それは、子どもをひとりの人として尊重する姿勢となります。

「うん」といわれたら、必要なところだけ手伝い、「自分でやる」といわれたら、手を出さずに見守ります。

 

  • 子どもがやりたがることは、大人は手を出さずに見守る。
  • うまくできなくて困っているときは「お手伝いしてもいい?」と聞く。
  • 大人が全部やってあげるのではなく、必要なところだけ手伝う。

 

最初のうちは、つい介入したくなってしまうかもしれませんが、続けていると手や口を出す回数が減ってくるので、大人の時間や気持ちにもゆとりが生まれます。

 

 

6+

おすすめ記事

スプーンやおもちゃを落としたり、<br>投げたりするので困っています。

子育ての悩み

子育ての悩み

スプーンやおもちゃを落としたり、
投げたりするので困っています。

子どもがスプーンやおもちゃを手当たり次第に床に落としたり、放り投げたりすることがあります。大人は「いたずらばかりで困る」と思うかもしれませんが、これはいたずらではなく、子どもの手や指の発達を助け、動きを獲得するために必要なことなのです。

READ MORE

叱るよりも「伝える」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

叱るよりも「伝える」

子どもをどう叱るか、というのは難しい問題です。「叱る」には、よりよい方向に導くという意味がありますが、親の都合で感情的に子どもを「叱る」のではなく単に「怒って」しまい、後悔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの叱り方について一緒に考えてみましょう。

READ MORE

必要なときだけ「手伝う」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

必要なときだけ「手伝う」

子どもが2歳くらいになると、まだ自分でできないことでも「自分で!」「する!」と主張し始めます。これは、自分のことが自分できる=自立への大切な第一歩です。大人はできるだけ手を出さずに見守り、困っているときだけ手伝うというスタンスで、子どもの気持ちに寄り添えるといいですね。

READ MORE

ICE EDUCATION SERVICE

アイ・シー・イー幼児教室

伸びる子に育てる幼児教室

詳しくはこちら

ICEモンテッソーリこどものいえ

生きる力を育む全日制幼児園

詳しくはこちら

SHOPPING GUIDE

お買いものガイド

注文とお支払い方法

ご注文は24時間受け付け。お支払いは、各種クレジット、銀行振込、郵便振替、代引き引換(ヤマト運輸)をご利用いただけます。

詳しくはこちら

配送と送料について

配送方法と送料についてご案内しています。

詳しくはこちら

交換・返品について

商品が届きましたらすぐに開封していただき、商品の間違いや不良等がないかをご確認ください。

詳しくはこちら

法人のお客さま

法人の方も「MONOKO」公式オンラインショップより簡単にご注文いただけます。

詳しくはこちら