MONOKO ストーリー

環境づくり

環境づくり

子どもがシールをはりたがる理由

子どもがシールをはりたがる理由

2019.2.12

子どもはシールが大好き。部屋の壁や家具が子どものはったシールだらけ! という家庭もあるのではないでしょうか。子どもがどうしてシールをはりたがるのか、「シールはり」を通じて子どものどんな力が伸びるのか、知っていると子育てが楽しくなるかもしれません。

 

指先でめくる楽しさ、狙ったところにはる達成感

子どもが1歳を過ぎて、歩き始めるようになると、急激に世界が広がり、いろいろなことに興味を持つようになります。子どもを観察していて、何かにはってあるラベルやシール、壁紙などのちょっとした浮きやめくれを目ざとく見つけて、興味津々で触ったり、はがそうとするようなら、「シールはり」に誘ってみるのもいいでしょう。
 
シールを剥離紙からめくる感触や、ペタペタ指先にくっつく粘着感は、子どもにとってはたまらなく楽しく、わくわくするものなのです。先日、ICEモンテッソーリこどもの家でも、1歳1カ月の子どもが集中してシールはりに取り組んでいました。
 
モンテッソーリ教育には「運動の敏感期」という考え方があります。1~2歳ごろの子どもは指先や手を動かしたい、思い通りに使えるようになりたい、という欲求が強くなります。
 
「シールはり」には、細やかな指先の動きが必要になります。シールを指先でつまんで、剥離紙からはがす、狙ったところ(台紙の枠)にシールをはる、剥離紙を片付ける、という一連の動きをくり返すことで、「指先の調整力」が洗練されていきます。
 
モンテッソーリ教育の「シールはり」では、色のついた丸い形のシールを使います。子どもが指先の動きに集中できるよう、シールはシンプルなものを用いています。丸の大小の区別や色、場所を覚える「記憶の練習」にもなります。
 

 


 

最初はシールを少し浮かせてあげる

最初は、大人がシールを1枚台紙にはって、剥離紙を片付けるところまで、目の前でやって見せます。シールを剥離紙からはがすのは難しいので、大人が端を少し浮かせて、はがしやすいようにしてあげてもいいでしょう。
 
シールは1片ずつに切り分けて渡すことが大切です。まとめて渡してしまうと、上手くはがせずに手に付いたり、シール同士がくっついてしまったりして、子どもがはがす作業に集中できなくなります。
 
始めたばかりのときは、台紙の枠の中に上手にはれなくても、紙の中におさまっていたら大丈夫。「はりたい」という意欲が大切なので、はみ出したり、曲がったりしていても、大人が手を出して訂正しないようにしましょう。「自分ではれた」いう達成感を大切にしてあげましょう。
 
2歳を過ぎるころになると、指先の調整力がついてくるので、台紙の枠に合わせてぴったりはれるようになります。シールはり台紙の絵柄も複雑になり、シールの数や種類も増えていきます。子どもが1人でできるようになったら、好きな絵柄を選んだり、完成したものを見ながら自分ではる練習をします。

 

    • シールはりは子どもの指先の調整力を洗練させる。
    • 「はる」という作業に集中できるように、シンプルな丸い形がおすすめ。
    • 大人は1枚ずつはれるように準備して、剥離紙の片付け場所を用意する。

 

子どもがシールを家具や壁にはってしまって困るときは、「ここにはろうね」「紙にはろうね」と繰り返し伝えていきましょう。「この絵とこの絵、どちらにはる?」と台紙を選ばせてあげるのもおすすめです。
 

 

 

1+

おすすめ記事

スプーンやおもちゃを落としたり、<br>投げたりするので困っています。

子育ての悩み

子育ての悩み

スプーンやおもちゃを落としたり、
投げたりするので困っています。

子どもがスプーンやおもちゃを手当たり次第に床に落としたり、放り投げたりすることがあります。大人は「いたずらばかりで困る」と思うかもしれませんが、これはいたずらではなく、子どもの手や指の発達を助け、動きを獲得するために必要なことなのです。

READ MORE

叱るよりも「伝える」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

叱るよりも「伝える」

子どもをどう叱るか、というのは難しい問題です。「叱る」には、よりよい方向に導くという意味がありますが、親の都合で感情的に子どもを「叱る」のではなく単に「怒って」しまい、後悔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの叱り方について一緒に考えてみましょう。

READ MORE

必要なときだけ「手伝う」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

必要なときだけ「手伝う」

子どもが2歳くらいになると、まだ自分でできないことでも「自分で!」「する!」と主張し始めます。これは、自分のことが自分できる=自立への大切な第一歩です。大人はできるだけ手を出さずに見守り、困っているときだけ手伝うというスタンスで、子どもの気持ちに寄り添えるといいですね。

READ MORE

ICE EDUCATION SERVICE

アイ・シー・イー幼児教室

伸びる子に育てる幼児教室

詳しくはこちら

ICEモンテッソーリこどものいえ

生きる力を育む全日制幼児園

詳しくはこちら

SHOPPING GUIDE

お買いものガイド

注文とお支払い方法

ご注文は24時間受け付け。お支払いは、各種クレジット、銀行振込、郵便振替、代引き引換(ヤマト運輸)をご利用いただけます。

詳しくはこちら

配送と送料について

配送方法と送料についてご案内しています。

詳しくはこちら

交換・返品について

商品が届きましたらすぐに開封していただき、商品の間違いや不良等がないかをご確認ください。

詳しくはこちら

法人のお客さま

法人の方も「MONOKO」公式オンラインショップより簡単にご注文いただけます。

詳しくはこちら