MONOKO ストーリー

環境づくり

環境づくり

子どもが突然怒り出すのはどうして?

子どもが突然怒り出すのはどうして?

2019.10.25

子どもが2~3歳になると、些細なことで、急に怒り出したり、泣き出したりすることがあります。いつもとちがう靴を履かせようとした、お母さんのマグカップをお父さんが使った、幼稚園の帰りにいつもとちがう道を通ったなど、この時期の子どもにとって「いつもと同じ」は、とても重要な意味があるのです。

 

いつもと同じ=秩序感を尊重しよう

生まれたばかりの赤ちゃんは、大人のケアが必要なので、1日のほとんどを、親やお世話をしてくれる大人と密着して過ごします。

 

子どもが、物の置き場所や所有者、物事の順序、何気ない習慣などに強くこだわる時期を、モンテッソーリ教育では「秩序の敏感期」といいます。生後数カ月からあらわれ、2〜3歳をピークに6歳ごろまで続くといわれています。

 

「いつもと同じ」に強くこだわるのは、この時期の子どもが、見たもの、聞いたもの、経験したことなどの情報をファイリングして、頭の中に羅針盤のようなものを作ろうとしているからです。

 

「子どもにとって外界の秩序は、大人が家を建てる地盤や、魚が泳ぐ水にも相当する重要なもの」というモンテッソーリの言葉がありますが、今、まさに自分の位置を理解しようとしているときに、あるべきものがいつも決まった場所にある、毎日同じ順序で物事が進んでいくことは、とても重要なことなのです。

 

幼児期の子どもは、秩序という羅針盤を手に、この世界でどう動けばいいのか、ひとつひとつ確かめている真っ最中です。大人が「いつもと同じ=秩序感」を尊重することで、子どもは安心して自由に動くことができ、知性を働かせる土台を育むことができます。

 
 

いつもと同じ環境を用意するには

子どもの秩序感を尊重するためには、大人が「いつもと同じ」環境を用意してあげることが大切です。子どもが急に泣いたり、怒り出したときは、次の項目を参考に、どこが「いつもと同じ」ではなかったのか振り返ったり、子どもの話をじっくり聞いたり、行動を観察してみてはいかがでしょうか。


<いつもと同じ環境とは>
場所:いつもと同じ場所に物がある
順序:いつも同じ順番で行動できる
所有:持ち物と持ち主がいつも同じ
習慣:いつもと同じ方法

 

「ああ、これがいつもとちがってイヤだったのか!」とわかると、大人も納得して、子どもが泣いたり、ぐずったりしても冷静に受け止めることができます。

 

日常生活では、物の置き場所を決めて、大人も子どもも、きちんとそこに戻す習慣をつけるといいでしょう。同じ場所に置くことにこだわる時期ですから、大人が環境さえ整えれば、自然に片付けの習慣も身に付いていきます。

 

 

朝起きてから、着替え、朝食、歯磨きなど一連の生活習慣の順序や方法、幼稚園や保育園の行き帰りの道順、公園に履いていく靴も、大人の都合で急に変えたりせず、できるだけ、子どもに意思確認をしてみてはいかがでしょうか。変更をする理由を伝え、AかBというように2択の選択肢を与えるとスムーズです。

 

この時期は、少々時間がかかっても「いつもと同じ=秩序感」を尊重することで、子どもの心が落ち着いていきます。

 

秩序の敏感期を知ると、これまで「イヤイヤ期」「反抗期」「わがまま」で片付けていた子どもの不機嫌が、まったく別のものに見えてきます。大人も穏やかな心で子どもと向き合えるようになるでしょう。

 

  • 子どもが「いつもと同じ」にこだわるは、自分の中に羅針盤を作っている最中だから。
  • 物を同じ場所に置く、同じように過ごすなど「秩序のある環境」を作る。
  • 子どもの秩序感を尊重することで、大人も心が軽くなる

 
 
 

■関連リンク
「【モンテッソーリ】がわかるセミナー」へのご案内

1+

おすすめ記事

スプーンやおもちゃを落としたり、<br>投げたりするので困っています。

子育ての悩み

子育ての悩み

スプーンやおもちゃを落としたり、
投げたりするので困っています。

子どもがスプーンやおもちゃを手当たり次第に床に落としたり、放り投げたりすることがあります。大人は「いたずらばかりで困る」と思うかもしれませんが、これはいたずらではなく、子どもの手や指の発達を助け、動きを獲得するために必要なことなのです。

READ MORE

叱るよりも「伝える」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

叱るよりも「伝える」

子どもをどう叱るか、というのは難しい問題です。「叱る」には、よりよい方向に導くという意味がありますが、親の都合で感情的に子どもを「叱る」のではなく単に「怒って」しまい、後悔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの叱り方について一緒に考えてみましょう。

READ MORE

必要なときだけ「手伝う」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

必要なときだけ「手伝う」

子どもが2歳くらいになると、まだ自分でできないことでも「自分で!」「する!」と主張し始めます。これは、自分のことが自分できる=自立への大切な第一歩です。大人はできるだけ手を出さずに見守り、困っているときだけ手伝うというスタンスで、子どもの気持ちに寄り添えるといいですね。

READ MORE

ICE EDUCATION SERVICE

アイ・シー・イー幼児教室

伸びる子に育てる幼児教室

詳しくはこちら

ICEモンテッソーリこどものいえ

生きる力を育む全日制幼児園

詳しくはこちら

SHOPPING GUIDE

お買いものガイド

注文とお支払い方法

ご注文は24時間受け付け。お支払いは、各種クレジット、銀行振込、郵便振替、代引き引換(ヤマト運輸)をご利用いただけます。

詳しくはこちら

配送と送料について

配送方法と送料についてご案内しています。

詳しくはこちら

交換・返品について

商品が届きましたらすぐに開封していただき、商品の間違いや不良等がないかをご確認ください。

詳しくはこちら

法人のお客さま

法人の方も「MONOKO」公式オンラインショップより簡単にご注文いただけます。

詳しくはこちら