MONOKO ストーリー

環境づくり

環境づくり

子どもは本当は静かで落ち着いた空間が好き

子どもは本当は静かで落ち着いた空間が好き

2019.3.18

集合住宅に住んでいると、ご近所の手前、子どもの声や足音などにも気をつかってしまいます。「どうしたら静かにしてくれるの?」と頭を悩ませる人もいるかもしれませんが、子どもは実は静かな環境が大好きなのです。
 
 

やりたいことに集中すると自然に静かになる

子どもが自分で靴を履こうとして、なかなかうまく履けずにいると、大人が横からサッと履かせることがあります。すると子どもは泣き出したり、かんしゃくを起こしたり、怒って履かされた靴をまた脱いだりして、大人はなだめるのに一苦労……。出かける前に疲れてしまった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
幼稚園や保育園では、子どもたちがそれぞれ大きな声でお話をしたり、走り回ったりして、先生が「静かにしなさい!」「先生のお話を聞いてください」と大きな声で呼びかけているイメージがあります。
ところがアイシーイーこどものいえの教室をのぞいてみると、たくさんの子どもがいるのに、室内はとても静かです。
これは静かにするように強制されているわけではありません。子どもたちがそれぞれ自分で選んだ作業に集中した結果、静かな空間が生まれているのです。これを、モンテッソーリ教育では、「集中現象」といい、静かで落ち着いた空間があるからこそ、子どもは思う存分自分のやりたいことができるのです。
 

 

 

教師も必要なときに、必要な言葉を発するだけです。子どもを一人の人間として尊重しているので、何かに夢中になっているときに、集中を途切れさせるような大きな声を出すことはありません。危険な瞬間や、困った行動をしてしまったときも、その子の近くで聞こえるくらいの声で話します。
教えるよりも「見せる」でもご紹介したように、モンテッソーリ教育には、「提示(提供)」という独自の考え方があり、大人が「やってみせる」ことで、子どもに伝えます。大きな声で「静かにして!」と言うのではなく、大人が小さな声で話しかける姿を見せてあげましょう。
 
 

日常生活のなかで静寂を楽しむ「静粛練習」

モンテッソーリ教育には「静粛練習」というものがあります。これは大人が子どもを静かにさせるのではなく、子どもが自分の意志で自己をコントロールして、静かな空間の素晴らしさを実感するための活動です。
あるときマリア・モンテッソーリが、子どもたちに、眠っている赤ちゃんを見せて「こんなふうに静かにできるかしら?」と尋ねたところ、子どもたちが自分たちの意志で、目をつぶって声を抑え、できるだけ体を動かさないようにして、静かにすることを楽しんだといわれています。このことが、静粛練習のきっかけになりました。
静粛練習には、音をたてないように歩いたり、静かに物を置いたり、ベルを持って鳴らさないように歩く、ベルを鳴らさないように隣の子どもに受け渡すなど、さまざまな方法があります。子どもたちはとても真剣に、自分の動きや気持ちをコントロールしようと集中します。
目をつぶって一定時間、耳を澄ませて周囲の音を聞き、後からどんな音が聞こえたかを話し合うのもひとつの方法です。雨の音や、セミの鳴き声、秋の虫の音に耳に澄ませることで、静けさを楽しめるようになります。ご家庭でもぜひ試してみてください。
 
 

  • 子どもは、やりたいことに深く集中しているときは静かになる。
  • 大人は子どもの集中力を途切れさせないように必要最低限の声で話す。
  • ゲーム感覚で静けさを楽しむ「静粛練習」で、静けさの素晴らしさを伝える。

 

 

 

 

12+

おすすめ記事

スプーンやおもちゃを落としたり、<br>投げたりするので困っています。

子育ての悩み

子育ての悩み

スプーンやおもちゃを落としたり、
投げたりするので困っています。

子どもがスプーンやおもちゃを手当たり次第に床に落としたり、放り投げたりすることがあります。大人は「いたずらばかりで困る」と思うかもしれませんが、これはいたずらではなく、子どもの手や指の発達を助け、動きを獲得するために必要なことなのです。

READ MORE

叱るよりも「伝える」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

叱るよりも「伝える」

子どもをどう叱るか、というのは難しい問題です。「叱る」には、よりよい方向に導くという意味がありますが、親の都合で感情的に子どもを「叱る」のではなく単に「怒って」しまい、後悔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの叱り方について一緒に考えてみましょう。

READ MORE

必要なときだけ「手伝う」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

必要なときだけ「手伝う」

子どもが2歳くらいになると、まだ自分でできないことでも「自分で!」「する!」と主張し始めます。これは、自分のことが自分できる=自立への大切な第一歩です。大人はできるだけ手を出さずに見守り、困っているときだけ手伝うというスタンスで、子どもの気持ちに寄り添えるといいですね。

READ MORE

ICE EDUCATION SERVICE

アイ・シー・イー幼児教室

伸びる子に育てる幼児教室

詳しくはこちら

ICEモンテッソーリこどものいえ

生きる力を育む全日制幼児園

詳しくはこちら

SHOPPING GUIDE

お買いものガイド

注文とお支払い方法

ご注文は24時間受け付け。お支払いは、各種クレジット、銀行振込、郵便振替、代引き引換(ヤマト運輸)をご利用いただけます。

詳しくはこちら

配送と送料について

配送方法と送料についてご案内しています。

詳しくはこちら

交換・返品について

商品が届きましたらすぐに開封していただき、商品の間違いや不良等がないかをご確認ください。

詳しくはこちら

法人のお客さま

法人の方も「MONOKO」公式オンラインショップより簡単にご注文いただけます。

詳しくはこちら