MONOKO ストーリー

子育ての悩み

子育ての悩み

急に大泣きしたり、怒り出したり
イヤイヤ期で言うことを聞きません。

急に大泣きしたり、怒り出したりイヤイヤ期で言うことを聞きません。

2018.11.4

突然大泣きしたり、さっきまで機嫌よく遊んでいたのに、急に不機嫌になったり。2歳くらいの子どもによくある現象で、大人には泣いたり不機嫌になったりする理由がわからず、「イヤイヤ期」「魔の2歳児」などといわれています。実際はどうなのでしょうか?

 

秩序に対するこだわりが強くなる時期

2~3歳は、今までは本能が理性に勝っていたのが、少しずつ理性が占める割合が増えてくる時期です。このころの子どもは、モンテッソーリ教育では「秩序の敏感期」ともいわれて、大人が気づかない、どうでもいいと感じるようなことに、強いこだわりが現れます。

 

モンテッソーリ園で実際にあった例です。

いつもはあまり泣かない2歳の女の子が、突然ものすごい勢いで泣き出し、廊下から教室に絶対に入ろうとしないことがありました。

 

教師がその子からいろいろ話を聞いて、思い当たったのは、別れ際にお母さんに言われた「ご本を読んで待っていてね」という言葉でした。

絵本は廊下にも教室にもあるのですが、この子は廊下でお母さんに言われたから、廊下で待っていなくては、と思ったのです。お母さんと約束したから、廊下で絵本を読んで待っていたかったのに、教室に入るように言われて、泣いてしまったのでしょう。

 

その他にも

家に帰るときのルートがいつもと違った

お母さんの髪型の変化やメガネの有無など、見た目がいつもと違った

いつも自分が座っている場所にお友達が座った

お母さんのマグカップをお父さんが使った

 

などが、大泣きの理由だったりします。大人にとっては何でもないことなので、突然泣き出したり、わがままを言っているように思えますが、子どもには理由があるのです。

 

秩序の敏感期の子どもは、今まで見たもの、聞いたもの、経験した情報をひとつひとつ自分のものにして、自分の中に「羅針盤」のようなものを作ろうとしています。そのときに場所、順序、時間、所有など、環境がいつもと違うと、混乱して、不安になるのです。

 

「イヤイヤがまた始まった」と思ったら、その子が今、何にこだわっているのか、じっくり観察したり、話を聞いたりして探してみるようにすると、大人もイライラせず、冷静でいられます。毎日できるだけ同じように過ごす、物は同じ場所に置くなど、子どもの秩序感を尊重することで、落ち着いて過ごすことが増えるでしょう。

 

選択肢を用意して選ばせてあげる

秩序の敏感期とは別に、子どもが自分と他者が違うことを意識し始めて、それを表現する過程で何にでも「イヤ」ということもあります。本当はイヤではないけれど、大人の反応を見てみたいだけの場合もあります。

 

そんなときは、選択肢を用意して、子どもに選ばせてみましょう。

 

すべり台から降りたくない!と泣く子どもには

「自分で降りる?ママが抱っこする?」

 

着替えをいやがる子どもには、

「赤い色の服と、黄色の服、どっちを着てみたい?」

 

制限のある選択ではありますが、自分で選んだことで、意外とすんなり言うことを聞くことがあります。

 

  • 場所、順序、時間など、子どもが何にこだわっているのか観察したり、話を聞く。
  • いつもと同じように過ごす、物を同じ場所に置くなど、子どもの秩序感を尊重する。
  • 選択肢を用意して選ばせるとすんなり納得することも。

 

余談ですが、選択肢を用意して選ばせるという方法は、子どもだけでなく、パートナーにも有効です。家事の分担で「食器ぐらい洗ってよ」というと、命令されたように感じて不機嫌になる相手でも「食器洗いとお風呂掃除とどちらがいい?」と聞くと、すんなりどちらかを選んでくれたりします。ぜひお試しください。

 

 

0

おすすめ記事

スプーンやおもちゃを落としたり、<br>投げたりするので困っています。

子育ての悩み

子育ての悩み

スプーンやおもちゃを落としたり、
投げたりするので困っています。

子どもがスプーンやおもちゃを手当たり次第に床に落としたり、放り投げたりすることがあります。大人は「いたずらばかりで困る」と思うかもしれませんが、これはいたずらではなく、子どもの手や指の発達を助け、動きを獲得するために必要なことなのです。

READ MORE

叱るよりも「伝える」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

叱るよりも「伝える」

子どもをどう叱るか、というのは難しい問題です。「叱る」には、よりよい方向に導くという意味がありますが、親の都合で感情的に子どもを「叱る」のではなく単に「怒って」しまい、後悔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの叱り方について一緒に考えてみましょう。

READ MORE

必要なときだけ「手伝う」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

必要なときだけ「手伝う」

子どもが2歳くらいになると、まだ自分でできないことでも「自分で!」「する!」と主張し始めます。これは、自分のことが自分できる=自立への大切な第一歩です。大人はできるだけ手を出さずに見守り、困っているときだけ手伝うというスタンスで、子どもの気持ちに寄り添えるといいですね。

READ MORE

ICE EDUCATION SERVICE

アイ・シー・イー幼児教室

伸びる子に育てる幼児教室

詳しくはこちら

ICEモンテッソーリこどものいえ

生きる力を育む全日制幼児園

詳しくはこちら

SHOPPING GUIDE

お買いものガイド

注文とお支払い方法

ご注文は24時間受け付け。お支払いは、各種クレジット、銀行振込、郵便振替、代引き引換(ヤマト運輸)をご利用いただけます。

詳しくはこちら

配送と送料について

配送方法と送料についてご案内しています。

詳しくはこちら

交換・返品について

商品が届きましたらすぐに開封していただき、商品の間違いや不良等がないかをご確認ください。

詳しくはこちら

法人のお客さま

法人の方も「MONOKO」公式オンラインショップより簡単にご注文いただけます。

詳しくはこちら