MONOKO ストーリー

環境づくり

環境づくり

子どもが片付け上手になるには?

子どもが片付け上手になるには?

2018.11.4

おもちゃや絵本を次から次へ出して、片付けずに散らかしっぱなし。足の踏み場もない部屋で「どうしたら片付けるようになるの?」と悩む人も多いかもしれません。子どもが片付け好きになるためには環境にポイントがあるようです。一緒に考えてみましょう。

 

子どもの目線で決まった場所にしまう

アイシーイーこどものいえでは、子どもたちの使う教具が棚に整然と並べられています。ただ整理されているだけではなく、子どもたちにもどこに何があるか把握しやすく、使いたいときに自由に使えるように、置き場所や向き、順番なども決まっています。

 

 

 

 

家庭では、子ども専用の棚を用意するのは難しいかもしれません。棚の一部や部屋の一角を子どものスペースと決めて、そこに置ききれないものは、押入れなどにしまっておき、ときどき、使わなくなったものと新しいものを入れ替えるのでもいいでしょう。

 

子どもスペースを整えるポイントは、

1.子どもの目線で全体を見渡せること。

2.子どもの力で自由に出し入れできること。

3.いつも決まった場所に置くこと。

 

大きなおもちゃ箱に全部を放り込んでしまうと、子どもには全体が見えません。遊びたいおもちゃが決まっていても、それが見つからないと、箱をひっくり返したり、広げたりして探さなくてはならず、それが大人には散らかしているように見えるのです。

 

物の置き場所がいつも決まっていることも大切です。片付ける物の写真や絵を用意して、置き場所に貼ったり、物を形どった線を描いておいたりすると、子どもは片付ける作業も楽しんでやるようになります。

 

おもちゃや絵本に限らず、洋服や靴など身につけるものも同じです。

靴はここ、鞄はここ、洋服はここと決めて、子どもでも手が届くポールなどに吊るしておいて「〇〇ちゃんの洋服はここにあるからね」と説明すると、身支度も自分でできるようになります。

 

 

 

親が楽しそうに片づけするのを見せる

夜中に子どもが寝静まってから、散らかった部屋を片付ける人も多いかもしれません。(教えるよりも「見せる」)でもお話した通り、子どもは大人の姿を見て、生活習慣を学びます。子どもの見えないところで大人が片付けてしまうと、子どもにとっては、知らない間に部屋が片付いた状態になっているので、片付けを学ぶ機会がないのです。

 

子どもは好奇心がいっぱいで、次から次へと興味が移ります。さっきまで絵本を読んでいたのに、次は積み木で遊びたそうにしているなと思ったら「絵本を片付けてから、積み木で遊ぼうね」と子どもの興味が移ったタイミングで、片付けができるようになるといいですね。最初はなかなかできなくても、毎日くり返し伝えることで、片付けの習慣が身についていきます。

 

いちばん大切なことは、大人が楽しそうに片付けることです。

「こんなに散らかして!」と文句をいいながら、面倒くさそうに片付けているのでは、子どもは「片付けは楽しくないことなんだ」と思ってしまいます。

 

  • 子どもの物は、子どもの目線の届く、出し入れしやすい場所にしまう。
  • 物の置き場所を決めて、毎回同じ場所にしまう。
  • 大人が楽しそうに片付けをする姿を子どもに見せる。

 

 

 

 

一緒に片付けることで「同じ場所に戻せたね、部屋がきれいになって気持ちいいね」という喜びや達成感を、子どもと共有できるといいですね。

2+

おすすめ記事

スプーンやおもちゃを落としたり、<br>投げたりするので困っています。

子育ての悩み

子育ての悩み

スプーンやおもちゃを落としたり、
投げたりするので困っています。

子どもがスプーンやおもちゃを手当たり次第に床に落としたり、放り投げたりすることがあります。大人は「いたずらばかりで困る」と思うかもしれませんが、これはいたずらではなく、子どもの手や指の発達を助け、動きを獲得するために必要なことなのです。

READ MORE

叱るよりも「伝える」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

叱るよりも「伝える」

子どもをどう叱るか、というのは難しい問題です。「叱る」には、よりよい方向に導くという意味がありますが、親の都合で感情的に子どもを「叱る」のではなく単に「怒って」しまい、後悔した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの叱り方について一緒に考えてみましょう。

READ MORE

必要なときだけ「手伝う」

子どもの力を伸ばす

子どもの力を伸ばす

必要なときだけ「手伝う」

子どもが2歳くらいになると、まだ自分でできないことでも「自分で!」「する!」と主張し始めます。これは、自分のことが自分できる=自立への大切な第一歩です。大人はできるだけ手を出さずに見守り、困っているときだけ手伝うというスタンスで、子どもの気持ちに寄り添えるといいですね。

READ MORE

関連キーワード

ICE EDUCATION SERVICE

アイ・シー・イー幼児教室

伸びる子に育てる幼児教室

詳しくはこちら

ICEモンテッソーリこどものいえ

生きる力を育む全日制幼児園

詳しくはこちら

SHOPPING GUIDE

お買いものガイド

注文とお支払い方法

ご注文は24時間受け付け。お支払いは、各種クレジット、銀行振込、郵便振替、代引き引換(ヤマト運輸)をご利用いただけます。

詳しくはこちら

配送と送料について

配送方法と送料についてご案内しています。

詳しくはこちら

交換・返品について

商品が届きましたらすぐに開封していただき、商品の間違いや不良等がないかをご確認ください。

詳しくはこちら

法人のお客さま

法人の方も「MONOKO」公式オンラインショップより簡単にご注文いただけます。

詳しくはこちら